Blog

March 26, 2018

 

 幼少期から現在にいたるまで、鉱物採集、登山、岩登り、釣りなど自然に遊ぶ機会が多く、自然は身近な存在であったことから、必然的に人間の対概念としての自然に魅力と強い興味を持つようになった。自然が持つ色彩や形態の美しさ、岩肌や水の感触、スケール感を更新する雄大さに感覚が解放され、イメージが拡張される体験は現在の表現の根幹をなしている。

 “Similar to Yourself”という副題を付与した。“あなた自身に似ている”という意味で、自然が持つ特徴である「自己相似性(Self-similarity)」から着想を得ている。自己相似性と...

November 6, 2016

せんだいメディアテークで開催中の『畠山直哉写真展 まっぷたつの風景』を観てきた。「風景」に着目した展覧会。震災で被害を受けた陸前高田で撮影された膨大な作品群が圧巻であった。鉱山の作品やライトボックスの作品、『川の連作』も良かった。画像は『陸前高田2011-2016』と『陸前高田2011-2016コンタクトシート』

October 23, 2016

富山県の入善町下山芸術の森 発電所美術館に行ってきた。もとは水力発電所だった建物を美術館にしており、内部には発電所の設備が一部残されており面白い空間になっていた。レンガ造りの外観と立山連峰や日本海が見える立地も素晴らしかった。開催中の企画展は『この世界で生きている 加藤泉×陳飛』(撮影とブログ掲載の許可を得ました)

October 22, 2016

新潟県立近代美術館で開催中の『ヴェネツィア展』を観た。ティントレットやティツィアーノなどのヴェネツィア派の作品など。ヴェネツィア派の作品はキャンバスのテクスチュアやタッチが生々しく印象的だった。布の表現などはかなりスピード感がある。画面はヒビなどほとんどなく安定しているようだった。

October 9, 2016

八戸市美術館の北斎展を観てきた。代表作の「冨嶽三十六景」のほか、妖怪絵、洋風画など北斎芸術の全貌を観られる展示内容。北斎を名乗る前の作品や西洋の銅版画に影響を受けたという洋風画が興味深かった。

October 6, 2016

人の手に渡ることになった作品をアクリルフレームに入れた。

September 26, 2016

昨日は『絵画・陶・金属工芸展』最終日でした。会期中多くの方々に足を運んでいただきました。出品者一同感謝申し上げます。私は新しい試みとして木炭による作品を中心に展示しました。油彩とは異なる物質としての重量や素材感によって広がる表現に、自分自身魅了されているところであり、今後の展開に可能性を感じています。来年の同展覧会もどうぞお楽しみに。

September 16, 2016

『絵画・陶・金属工芸展』、明日から25日まで盛岡市の旧石井県令邸にて開催します。

2003年から始まったグループ展で、5人のメンバーが入れ替わりながら続けてきました。5人が揃うのは7年ぶり。

同じ会場内の作品は当然ながら影響し合うのものです。今日展示の仕上げをしながら、5人揃った今回は会場は、それぞれのメンバーの響き合いにより、空気が充実しているように感じました。

ご高覧ください。

September 7, 2016

9月17日からの「絵画・陶・金属工芸展」の作品搬入・展示作業。

地下室と階段、二階の一室に展示した。イメージどおり作品がピタリとはまって良かった。

September 6, 2016

秋田県立近代美術館で開催中のホキ美術館展を観てきた。写実絵画をまとめて見られる貴重な機会であった。図録では伝わらない絵具の物質感やストロークが予想以上にバリエーションがあり興味深かった。個人的には若い作家のほとんど身体性を残さない平滑な画面による高度な写実性、島村信之さんの透明な空気感が特に印象的であった。展覧会のコピーには「これが写実だ!」とあるが、写実とは何なのか考えさせられる展覧会だった。

Please reload

最新記事

10/9/2016

Please reload

タグ検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Twitter - Black Circle
  • Tumblr - Black Circle
  • Facebook - Black Circle